​アンガーマネジメント講座受講者のアンケート結果から(公開を承諾された方のみ)

S さん

アンガーマネジメントトレーニングはどれをやってみようと思いましたか?

 ・衝動のコントロール(6秒待つ)、・思考のコントロール(三重丸)

講座で特に印象深かったことは何ですか?(自由記入)

 客観的に見れば小さな怒り(イライラ)を取り上げることで、自分の中の怒りの背景にある感情を考える材料になることが印象深かった。

S さん

アンガーマネジメントトレーニングはどれをやってみようと思いましたか?

 ・衝動のコントロール(6秒待つ)、・落ち着く言葉(コーピングマントラ)を唱えよう

講座で特に印象深かったことは何ですか?(自由記入)

 自分の感情に責任を持つということ。

 家庭ではわがままが出て怒りが出やすいことについて、甘えだったり、わかってくれるはずという思いだったりするが、自分の感情に責任を持つと言うことを心がけることで抑えられる気がします。アンガーログをつけてより細かな自分の感情の起伏を分析してみたいと思います。

K さん

アンガーマネジメントトレーニングはどれをやってみようと思いましたか?

 ・衝動のコントロール(6秒待つ)

講座で特に印象深かったことは何ですか?(自由記入)

 怒りに対して、思考パターンを色んな図解にすることによって、その時自分の抱いた怒りの感情が、どこに位置するのか、当てはまるのかを捉えられるようになり、冷静に判断できるようになるのかなと思いました。

 自分の理想、こうあるべきという思考は、他者にも存在することを忘れがちで、またそれはお互いにすぐには変えられないものであることを理解して、まずは怒りのピーク6秒をやり過ごせるよう、これから日々を送りたいと思います。

M さん

講座で特に印象深かったことは何ですか?

 怒りにはその原因となる第一次感情があるということが腑に落ちたというか自分の中でストンと納得出来ました。当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが怒りの感情にとらわれすぎ、または怒りそのものを深く考えず受け入れていたため、その前提を思考するに至っていなかったんだなと感じたので自身の感情の理解を深めるために、何故怒るのかその原因を探っていきたいと思いました。

その他にご意見ご感想などがあれば自由にご記入ください

 このような講座に自ら参加するのは初めてで、とても緊張していましたが少人数だったこともあってか、必ず各々の意見を聞いてくださるのできちんと考えながらお話を聞くことができました。 

 怒りの方向性でもそうでしたが、私はもともと自分の中に留めてしまうことが多く、発信が苦手なので他の方と比べてもあまりうまく喋れませんでした。ただそのあたりは鷹取先生が上手に聞き出してくださったので不安に感じることなく、参加して良かったと感じました。

N さん

講座で特に印象深かったことは何ですか?

 6秒待つ。というのは、寝かせつけ時にイライラしてしまう私のタイプでは、6秒という睡眠時間にカリカリする必要はないな。と、おもうことができたのが、収穫だと思えました。

叱る、怒ることが、ダメではなく叱ったことを後悔しないでいられるように行動していくということに、とても共感できました。

その他にご意見ご感想などがあれば自由にご記入ください

 怒りのタイプの分析など、自分を振り返ることが癖つくことで、今後の行動がかわるかもしれないと思えました。アンガーログや、自己分析表などサンプルフォーマットがあれば、振り返り分析がしやすいと思いました。今後は応用・叱り方(伝え方)講座に興味があります。

A さん

アンガーマネジメントトレーニングはどれをやってみようと思いましたか?

 ・アンガーログ(記録)、・衝動のコントロール(6秒待つ)、・怒りの温度(点数)をはかる

講座で特に印象深かったことは何ですか?(自由記入)

 怒りの温度計を常にイメージできるように、頑張ります!

​Kさん

講座で特に印象深かったことは何ですか?

怒りは二次感情、一次感情に目を向けるということ。自分、相手の一次感情を感じて、そこにフォーカスし、対応する事が大切だという事が改めてわかりました。とてもわかりやすくご説明いただき、ありがとうございました。